当クラブ会長挨拶

  2020~2021年度
会 長  小堀 秀郎

この度、歴史と伝統のある氷見ロータリークラブの会長に就任する事になりました。

浅学非才の身でありますが氷見ロータリークラブの名を汚さぬよう運営に努力致しますので会員の皆様の暖かいご指導、ご協力をよろしくお願い致します。

さて、2020-2021年度RI会長ホルガ―・クナーク氏は、テーマ「ロータリーは機会の扉を開く」で、ロータリーとはクラブに入会することにより無限の機会が訪れる招待であると述べられています。

そして、奉仕プロジェクトを通じて会員自身や受益者の人生をより豊かにする為の道を開くと力説され、ロータリーの発展のため変革を受け入れるようにも説いておられます。又、2610地区2020-2021年度八塚昌俊ガバナーの地区活動方針は「クラブの未来を考えよう」であり年次目標として、

1.MyRotaryへの登録促進
2.ロータリー賞への挑戦推奨
3.クラブ戦略計画の策定推奨
4.地区ガバナー事務所の固定化
を挙げられています。

今、世界は終息の見えない新型コロナウィルスと懸命に戦っており日本もその渦中にあり、この一年が正念場と思われます。世界観が一変した前途多難なスタートとなりますが、「変革の時代の職業奉仕」をスローガンにこの難局を乗り切りたいと思います。

一年間宜しくお願い致します。

 

2018~2019年度のRI会長バリー・ラシン氏は、テーマ「インスピレーションになろう」を発表されました。

ロータリー年度や任期を超えた活動の研究と計画に時間を費やす必要があり、創造性をもって立ち向かう意欲を組織全体から引き出す為の、インスピレーションとなる必要があると説いておられます。

 

又、2610地区の2018~2019年度の若林啓介ガバナーは、地区活動方針を「ロータリーを知ろう、知ってもらおう」と掲げました。

ロータリークラブの活性化は会員ひとりひとりがロータリーへの理解を深める事にあり、リーダー育成への参加を強く奨励し、クラブ目標の設定、広報やロータリー情報の提供や各種手続きにインターネットの活用を推進すると言われています。

 

氷見ロータリークラブにおきましても、50周年を迎え、先輩諸兄が築いてこられた歴史と伝統を守りつつ、2018~2019年度スローガン「感謝を胸に地域と共に」を掲げ、地域に根差し愛される奉仕活動を推進したいと思います。

皆様の絶大なるご支援と温かい友情をよろしくお願い致します。